本文へジャンプ
PCB分析

滑ツ境公害センターのPCB分析は環境省の
簡易定量法マニュアルに対応しています
平成22年1月25日 環境省よりPCBの簡易測定法マニュアルが公表され、今まで公定法としてダイオキシン分析に準じたGC/HRMS法しかなかったものが、多種の分析機器によって測定することが可能となりました。PCBの検査が未実施の方は、この機会にPCB検査をご検討下さい。

滑ツ境公害センターでは環境省の定める、正式なPCB測定法と簡易PCB測定法の両方に対応できます。
1. ガスクロマトグラフ/高分解能質量分析計(GC/HRMS)を適用した簡易定量法
1サンプル分析価格

  
¥13,000 (税別)
※お問い合せ下さい


(納期 7営業日)

お急ぎの場合はご相談下さい
2. 法律に基づく正式な定量方法(GC/HRMSを使用する方法)
厚生省告示第192号「特別管理一般廃棄物及び特別管理産業廃棄物に係る基準の検定方法」に基づく分析です。この方法は、廃PCBを処理したものに含まれるPCBを測定する公定法(法律で定められた方法)で、ダイオキシン類分析に則した高度かつ高精度な分析を可能とします。
1サンプル分析価格  ¥90,000(税別) (納期 15営業日)
メール以外でのお申し込み、サンプルのご送付はこちらまで
TEL 052ー739−1350
FAX 052−739−1356
〒463−0808
  愛知県名古屋市守山区花咲台2−201
  (株)環境公害センター PCB分析係
ご依頼からご報告まで
  まずは、お申し込みフォームからお申し込み下さい。
  滑ツ境公害センターより採取セットをお送りいたします。
  採取後、分析申込書と一緒にサンプルをご送付下さい。
  サンプル到着後、7営業日に報告書をご送付いたします。
 絶縁油中のPCB分析申込書(PDF)
 絶縁油中のPCB分析申込書(Excel) ※必要事項ご記入の上、サンプルに添付して下さい。

試料採取
サンプリング用具
お客様ご自身でサンプリングされる場合には、弊社より採取用具・容器をお送りいたします
。(スポイト・手袋・容器・容器用ビニル袋)

   採取されるお客様へ(PDF) 
   ※安全に採取していただくための注意事項です。

絶縁油中のPCB分析
PCBの製造は1972年(昭和47年)以降中止されましたが、リサイクルによる再生油への混入などによって、1989年(平成元年)までに製造された変圧器等にも微量のPCBが含まれている可能性があります。環境省では通知によって、これらの機器を廃棄する場合にはPCBの有無を確認することを通達しました。
参考資料:環廃産発第040217005号(平成16年2月17日)
重電機器等から微量のPCBが検出された事案について(PDF)
環境省通知の概要
1.産業廃棄物処理業者が事業者から廃重電機器等の処分を受託する場合には、あらかじめ当該事業者に対して、PCB混入の可能性の有無について確認すること。
2. 廃重電機器等由来の廃棄物であることが疑われる場合には、産業廃棄物処理業者は、事業者に対してその経歴を確認し、廃重電機器等由来であれば、PCB混入の可能性の有無について確認すること。
3. 廃重電機器等について、封入された絶縁油中のPCB濃度が処理の目標基準である0.5mg/s以下であるときは、当該廃重電機器等は、PCB廃棄物に該当しない。
4. 分析のために試料を採取・運搬する場合は、廃棄物処理法及びPCB特別措置法の適用を受けない。なお、分析のための試料の採取は分析に必要な最小限の量とし、分析後に余った試料は事業者に返却すること。
PCB測定の必要性
現在、PCBを含んでいる可能性のある(1989年(平成元年)以前に製造された)変圧器・コンデンサなどを保管されている(もしくは現在使用されている)事業者の方は、産業廃棄物処理業者に廃棄依頼をする前にPCB濃度を測定しておく必要があります。

お申込はこちらから

ポリ塩化ビフェニル・PCBとは
PCB・フロン・アスベストなどの化学的に安定していて長時間たっても劣化せず、物理的にも特異な性質を持っている物質というものは、何かと有用なことが多いです。その一方で、「変化しない」という性質は時に新たな害を引き起こします。PCBは、その代表ともいえます。
1.PCBとは
PCB(ポリ塩素化ビフェニル)は、ベンゼン環が二つ繋がったもの(ビフェニルといいます)の水素を塩素に置換したもので、理論上は209種類の異性体が存在します。
また、その中でも平面構造のものをコプラナ−PCBと呼びますが、これはダイオキシンに似た性質を持ち、毒性も強いため、ダイオキシン類としてダイオキシンとともに排出が規制されています。
2.PCBの性質
PCBには次のような特徴があります。
 ・不燃性で、低温高温に強い  ・絶縁性で、電気を通さない ・化学的に安定で、酸アルカリに強い
 ・金属を腐食しない   ・水に溶けにくく有機溶剤に溶けやすい

ところが、これらの特徴が災いし、次の問題が発生しました。
 ・環境中で分解されにくい   ・油によく溶けるため、脂肪に蓄積し生物濃縮性が高い
主な人体への影響として塩素ざそうや色素沈着などの皮膚疾患があります。
3.PCBの歴史
1881年(明治14年) ドイツの科学者によって合成される
1954年(昭和29年) 日本国内でカネクロールとして販売開始
1968年(昭和43年) カネミ油症事件
1972年(昭和47年) 日本国内での製造中止
1974年(昭和49年) 化審法の制定を受け製造・輸入・使用の禁止
1990年(平成2年)  再生油の生産中止
2001年(平成13年) PCB特措法制定 15年以内の処分が義務化
2004年(平成16年) PCB処理施設による処理開始
2010年(平成22年) PCB簡易定量法制定
2016年(平成28年) PCB特措法に定める処分期限
PCB関連リンク集
法令関係
環境省:ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物処理

日本環境安全事業株式会社(JESCO):PCB処理事業者
トランスメーカー関係
株式会社指月電機製作所:PCB使用電気機器の判別及び取り扱いについて

日立エーアイシー株式会社:PCB含有コンデンサについて

株式会社ダイヘン:PCB含有コンデンサ使用の溶接機について

富士通株式会社:当社製コンデンサ製品のPCB含有の有無について

パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社:PCB使用コンデンサの判別について

ニチコン株式会社:PCB(ポリ塩化ビフェニル)使用コンデンサの判別について

中国電機製造株式会社:PCB使用電気機器の判別について

愛知電機株式会社:PCBに関する情報


   愛知県名古屋市守山区花咲台2−201  (株)環境公害センター PCB分析係