本文へジャンプ
放射能・放射線測定


福島第一原子力発電所の事故によって、放射能汚染の問題が各方面で広がっています。特に食品については、人が直接摂取することから早急な対応が必要となっています。(株)環境公害センターでは、国のマニュアルに基づいた放射能・放射線の測定機器を導入し、お客様がエンドユーザー様に対して安全・安心を確保するためのお手伝いをいたします。

放射能・放射線とは
放射能とは、放射線を出す能力のことを言います。Bq(ベクレル)という単位は放射能の強さを表す単位であり、1Bqとは、1秒間に1個の原子核が崩壊して放射線を出す能力があることを示しています。
一方で、吸収した放射線の量はGy(グレイ)という単位で表します。ただし、放射線の種類によって人体への影響度が異なるため、種類毎に定めた係数(γ線・β線=1、α線=20など)を乗じて算出したものをSv(シーベルト)と言います。

放射能測定の受託を開始いたしました。
(株)環境公害センターでは、セイコーEG&G社製(検出器はアメリカ ORTEC/AMETEK社製)のゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトル分析装置を導入し、精密な分析を行うことによって、お客様に安全・安心をお届けします。

ゲルマニウム半導体検出器
「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(厚生労働省)、「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(文部科学省)に対応。ヨウ素131やセシウム134、セシウム137など放射線核種ごとの放射能の強さを測定することができます。

食品の暫定基準値(放射性セシウムの場合)
  飲料水  200 Bq/kg
  牛乳・乳製品  200 Bq/kg
  野菜類・穀類  500 Bq/kg
  肉・卵・魚・その他 500 Bq/kg
一般廃棄物焼却施設
  管理型最終処分場への埋立処分基準
  飛灰・主灰   8,000 Bq/kg
  再生利用の基準   100 Bq/kg

NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータ
このサーベイメーターは、線量当量率と計数率の切り換えが可能で、線量当量率モードは環境γ線の線量当量率測定に使用し、「学校等における放射線測定の手引き」(文部科学省)や「工業製品の放射線汚染を確認するための一次的な測定方法のガイドライン」((社)日本電気計測器工業会)に対応しています。また、計数率モードは「緊急時における放射性ヨウ素測定法」(文部科学省)に対応しています。
学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的目安
  暫定値 3.8 μSv/h(20mSv/年)
  目標値 0.19μSv/h(1mSv/年)
   ※自然放射線(バックグラウンド)を除く